天才軍師のゲームプレイ記録

天才軍師のゲームプレイ記録

プレイしたゲームのレビューとちょっと思い出を語るだけ ゲームレビューは未完成で暇な時に更新してます なるべくネタバレしないようにはしてます

Capcom Arcade Stadium 2nd Stadium

Capcom Arcade Stadium 2nd Stadium」は、カプコンより2022年7月22日に配信されたPlayStation 4用オムニバスゲームである。

f:id:mohie1104:20220723190812j:image

ゲーム概要

当時の雰囲気さながらの筐体プレイで楽しめた「Capcom Arcade Stadium」の第2弾で、32本のカプコン名作アーケードゲームを収録している。

初期タイトルとして、無料で『ソンソン』がプレイ可能で、その他のタイトルを遊ぶには、30タイトルが収録されるパックや、遊びたいタイトルを購入できる単品販売で購入することで遊ぶことが出来る。
また!30本パックにはセット購入特典として『ガンスモーク』がついてくる。

 

レビュー

【プレイ進行中】

Arcadegeddon

「Arcadegeddon」は、2022年7月6日に
IllFonicより発売されたPlayStation 4用TPSである。

f:id:mohie1104:20220707173513j:image

ゲーム概要

最大3人までのフレンドと一緒にさまざまなバイオーム(ステージ)を探索し、ミニゲームで競い、隠されたチェストを見つけ、さまざまなタイプの敵やボスたちを打ち倒していくマルチプレイシューター。地元のゲームセンターを経営するギリーは、正体不明の巨大企業から自分のビジネスを守るために、名作ゲームをすべて接続して、1本のスーパーゲームを制作する。しかし、巨大企業はそのゲームをウイルスに感染させてしまう。仲間と一緒にゲームと最後のゲームセンターを救うのが目的だ。

 

レビュー

f:id:mohie1104:20220715061528p:image

TPSの中でもマルチプレイのアドベンチャーモードに主力を置いた作品であるが、そのアドベンチャーモードが分かりにくいうえに弾数制限により色々な武器を楽しむ機会が増えるが、たまが無くなるとジリ貧になるため爽快感が無くなってしまってるように感じました。

また、個人的な見解では自分のアバターを作成して戦う作品なのにそのアバターに魅力がなくそれもまたのめり込みにくい要因なのでは無いかと

しかし、他とは違う世界観や協力する楽しさはあるのでTPSが大好きな人にはいいかもしれません

 

雑学クイズ大臣

「雑学クイズ大臣」は、2022年6月30日にグランゼーラより発売されたPlayStation 4クイズゲームである。

f:id:mohie1104:20220722113200j:image

ゲーム概要

株式会社GZOEが作成したスマートフォン向けアプリの家庭用移植作品。

次々と出題されるクイズに答えて、制限時間内に5問正解すればクリア。
身近な知識から明日の会話に使える面白雑学、更にはクイズ王も唸る超難問まで、4000問以上もの問題を収録。
最大2名でのクイズ対戦も可能。

 

レビュー

【プレイ進行中】

マリオストライカーズ バトルリーグ

「マリオストライカーズ バトルリーグ」は、2022年6月10日にNext Level Games開発、任天堂発売のNintendo Switch専用スポーツゲーム

f:id:mohie1104:20220625201155j:image

ゲーム概要

マリオストライカーズシリーズ第3作目。Wiiで発売された前作『マリオストライカーズ チャージド』(以下、前作)から実に約15年ぶりとなる新作である。

競技名について、シリーズ1作目と2作目では「ファイティングサッカー」としていたが、本作では格闘技とサッカーを合わせた新スポーツ「ストライク」と称している。

前作から引き続きキャラクターごとに異なる能力(タイプ)が元から付与されているが、さらに今作から新システム『ギア』により、キャラクターの見た目を変化させたり能力を強化させたりすることができるカスタマイズ機能が追加された。また、前作におけるキャラクターが個別に持つ必殺シュート『メガストライク』は今作では『ハイパーストライク』となった。試合中に出現する「Sオーブ」を取得することで発動できる。

 

レビュー

f:id:mohie1104:20220625201420p:image

ルールがなんでもありとなったマリオのサッカーゲーム第3段であるが、前作はメインキャラとサブキャラには別れてたもののそれより少ないキャラクター数となっており、人数が少ないのでほぼ確実にキャラ被りしてしまうレベルです。ギア能力で多少ストータスは変更できますが…

ホームとアウェイでユニフォームの色が異なるものの場合によってはパッと見で直ぐに判断しにくい場合があるのも問題。

キャラが減っているのにゴールや勝利モーションもパターンが少なく数回で見飽きるし、必殺シュートもカット不可でそこそこモーションが長く見飽きるレベル。

CPU戦では敵は先読みしてるような超反応で攻めてくるので爽快感の欠けらも無いただただイライラするだけの調整になっているのも気になります。

 

Nintendo Switch Sports

Nintendo Switch Sports」は、任天堂より2022年4月29日に発売されたNintendo Switch専用ゲームソフト。

f:id:mohie1104:20220503223407j:image

ゲーム概要

Wii Sports」「Wii Sports Resort」「Wii Sports Club」に次ぐ『Wii Sports』シリーズの第4作目。

従来の『Wii Sports』シリーズのWiiリモコン操作に代わり、Joy-Conで操作する体感型のスポーツゲーム。オンライン対戦に対応している。発売当初はテニス・ボウリング・チャンバラ・サッカー・バドミントン・バレーボールの6種目であるが、後に無料アップデートで種目が増えることになっている。

また本作では「プロ認定」という物が存在しオンライン戦をすることにより「ランク」が上がっていく。前作の「熟練度」のようなシステムである。

 

レビュー

【プレイ進行中】

Hood: Outlaws & Legends

Hood: Outlaws & Legends」は、2022年4月5日にオーイズミ・アミュージオより発売された、PlayStation 4マルチプレイゲーム。

f:id:mohie1104:20220626224127j:image

ゲーム概要

宝を奪いあう特殊なルールが特徴となる、PvPvEがメインのマルチプレイゲーム。プレイヤーたちは盗賊となり、メインとなるモード「無法者たちの宝物庫破り」では4人vs4人vs NPCで戦う。キル数ではなく、宝物庫を探し出して宝箱を回収したチームが勝利となるゲーム。選択できるキャラクターはそれぞれさまざまなアビリティや特性があるほか、世界観はロビン・フッドの伝説が元ネタとなっている。

「無法者たちの宝物庫破り」モードでは、まずマップのどこかにいる総督から宝物庫のカギを奪うのが目標となる。そのあとは宝物庫の場所を探し出し、邪魔してくるNPCや敵チームに対抗しながら宝箱を発見することになる。宝箱を発見したら、これを回収ポイントまで持っていってウィンチで巻き上げる。持ち運びは一人では困難なので、仲間と協力するのが重要になる。

 

レビュー

f:id:mohie1104:20220702011111p:image

オンライン専用ゲームですが、とにかく人がいなくてマッチングしません。特に4vs4の対人戦は何度か挑戦したが一試合の途中からでしかプレイ出来ず。トロフィー関連もほぼこっちでしか取れないのでコンプするにはかなり運が必要になるかと

対CPUの方は稀にマッチングしますがこちらも人の多そうな時間でもなかなかマッチングしませんでした。フリープレイで無料で配布されているのですがね…

システムとしてはやることが多くとっつきにくい感じはしますが対人できたらまぁ楽しいとは思います。キャラによりスキルや性能が異なっており自分らしいプレイができるのもいいとは思いますが…

 

星のカービィ ディスカバリー

星のカービィ ディスカバリー」は、ハル研究所が開発し、2022年3月25日に任天堂より発売されたNintendo Switch用ソフトである。

f:id:mohie1104:20220401203629j:image

ゲーム概要

本編シリーズ作品として初の3Dアクション作品で、3D空間を自由に探索しながらゴールを目指す。

本作は、マップを移動しながらステージを攻略するステージクリア型の進行方式を採用している。

謎の敵勢力「ビースト軍団」にさらわれているワドルディ達を発見し、ワドルディ達を助けるため、新世界で出会った「エフィリン」とともに冒険の旅に出る。

ゴールはワドルディが捕らえられた金色の檻であり触れるとクリアになるが、それとは別に各ステージに設定されたミッションをこなすことで銀色の檻のワドルディを救出できる。

 

レビュー

f:id:mohie1104:20220401204036p:image

シリーズ初の3D作品であるが、今までのシリーズの2D操作時と同じような操作感で楽しめるよう作られています。

普通にストーリーをクリアするにはゲーム初心者でも出来るようになっているが、やりこみ要素が多く完全クリアは難易度が結構高く上級者でも楽しめるように作られています。

初の3D作品であるためカメラワークによっては位置を見失ったりします。そして、攻撃が当てにくかったりという所もあります。しかし、攻撃判定の補助機能がありストレスがあまりなく遊べます。

世界観も可愛らしく、新システムほおばりヘンケイは、可愛いだけではなく変わったアクションを楽しめるのも良い点だと思います。

Pokémon LEGENDS アルセウス

「Pokémon LEGENDS アルセウス」は、2022年1月28日に株式会社ポケモン発売されたNintendo Switchアクションロールプレイングゲームである。

f:id:mohie1104:20220225174455j:image

ゲーム概要

ダイヤモンド・パール・プラチナ』および『ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』の舞台であるシンオウ地方の昔を描いた、『ヒスイ地方』を舞台にした作品。

シリーズ初のアクションRPGであり、これまでは完全新作となる毎に、舞台及び最初のパートナー3匹が全く新規のものであったが、今作は舞台となる土地もパートナーも既存である。

 

レビュー

f:id:mohie1104:20220225175153p:image

ポケモンたちの生活する世界に入り込み、従来のシリーズ同様ポケモンバトルを行い捕獲するだけではなく、アクションを活かして捕獲するということが可能になった作品です。様々なエリアで色々なポケモンが生活している中に入ることが出来るという点がとても良く、従来のポケモンを集め育ててバトルをする楽しさを十分に引き出していると思います。

様々なポケモンの力を借りて探索できるところが増えたり、より強いポケモンと対峙出来るようになる冒険している感じも素晴らしく、サブミッションや、ポケモンのずかん完成以外の収集要素もあり隅々までフィールドを冒険したくなります。

アクションが苦手な人でもクリアまで出来るような配慮もありポケモンシリーズはやってたがアクションはあまりしてないという人でもクリアできるようになってます!

遊戯王 マスターデュエル

遊戯王 マスターデュエル」は、2022年1月19日にコナミデジタルエンタテインメントより発売されたPlayStation 4用カードゲームである。

f:id:mohie1104:20220126234627j:image

ゲーム概要

遊戯王オフィシャルカードゲーム(OCG)とトレーディングカードゲームTCG)を最大限に遊べるデジタルカードゲーム。

遊戯王OCG/TCGを代表するカード“ブラック・マジシャン”を始め、“青眼の白龍”、“封印されしエクゾディア”など、合計10,000種を超えるカードが登場する対戦型カードゲームである。

遊戯王OCG/TCGのカードを題材としたストーリーを複数楽しめる“ソロモード”や“遊戯王カードデータベース”との連携で世界中のデュエリストの“デッキレシピ”を確認・コピーできる機能、手札に来るカードをチェックすることができる“お試しドロー機能”、所持しているカードを分解して新たなカードを生成できる“カードクラフト機能”なども搭載。

 

レビュー

f:id:mohie1104:20220126234914p:image

遊戯王のゲームで、たくさんのカードがあるため実際の遊戯王と遜色なく遊ぶことができます。

オンライン機能に対応してるため、遠くの人ともプレイでき、またクロスプレイ対応で色々な環境の人と遊べるのも良いです。

しかし、忠実にカードゲームを再現しているため、ひたすら相手のターンを眺めているだけという実際の遊戯王の悪い所もでており ゲームバランスは色々な意味で悪いと思います。

Kansei ~豪邸殺人事件~

「Kansei ~豪邸殺人事件~」は、2022年1月14日にラタライカゲームスより発売されたNintendo Switch用テキストアドベンチャーゲームである。

f:id:mohie1104:20220318225427j:image

ゲーム概要

死体に触れると被害者の最後を記憶を読み取ることができる名もなき青年。喫茶店殺人事件後、他の能力を持つグループに誘われて参加することになった。

有名企業の社長の依頼で訪れた豪邸で殺人事件が発生。死体に手を触れて「死の情景」を追体験し、巻き込まれた事件を仲間と共に捜査をする。

 

レビュー

f:id:mohie1104:20220323185504p:image

「Jisei ~喫茶店殺人事件~」の続編にあたる作品で、前作で投げっぱなしだった部分をある程度回収している点は良いと思います。

前作より行ける場所、話せる人が増えてやれることが多くなったがその分操作性が前作より悪くなってるように感じました。

前作ではほとんど感じなかった人と会話するための移動がすごく面倒になりバッドエンド分岐もいきなりでわかりにくく不親切な設計になったように感じました。