天才軍師のゲームプレイ記録

天才軍師のゲームプレイ記録

プレイしたゲームのレビューとちょっと思い出を語るだけ ゲームレビューは未完成で暇な時に更新してます なるべくネタバレしないようにはしてます

Capcom Arcade Stadium

Capcom Arcade Stadium」は2021年2月18日にカプコンより配信されたNintendo Switch用ゲームです。

f:id:mohie1104:20210514200338j:image

ゲーム概要

カプコン1984年 - 2001年にかけて発売したアーケードゲーム32タイトルを収録したオムニバスソフト。特徴的な要素として、実際の筐体によるプレイをイメージした画像演出やゲームプレイの巻き戻し機能などを実装している点がある。

ソフト本体は無料であり、『1943』が無償で提供される。追加パックをダウンロードコンテンツとして購入し、10本パック1~3を全てをダウンロードすると『魔界村』を無料ダウンロード可能となる。

 

レビュー

f:id:mohie1104:20210514200928p:image

追加することで多数のアーケード作品をプレイすることができます。

クイックセーブ&ロードのほか、巻き戻しやスロー、倍速などもボタンひとつで行うことかでき、オンラインによるスコアアタックや、ローカル通信などにも対応しています。

アーケードをテーマとしており、背景がアーケード風になっており画面が縦長になっているのだが若干そこが気になるかも知れないです。アーケード好きには雰囲気が出て良い点かもしれませんが…

バディミッション BOND

「バディミッション BOND」は、コーエーテクモゲームスのチームブランドであるルビーパーティーが開発し、任天堂より2021年1月29日に発売されたNintendo Switch用ゲームソフト。

f:id:mohie1104:20210506195434j:image

ゲーム概要

全18ミッションからなる物語の主軸となるストーリーを進めることができる。主な流れとして前半の会話パート、中盤の捜査パート、後半の潜入パートに分かれており、潜入を成功させ目的を達成することでミッションクリアとなる。

本作の最大の特徴は、2人組のバディを組んで捜査・潜入を行うこと。チーム「BOND」の4人の中から2人を選び、何度も相棒を入れ替えながら、行く手を阻む問題の解決に臨む。
捜査では、BONDメンバーの特徴を見極め、適切なメンバーで聞き込みできるかが情報入手の鍵となる。
そして入手した情報に応じて、敵アジトへ潜入時に忍び込むルートに変化が発生。どのキャラクターが捜査や潜入にふさわしいか考えながら、最適なバディを選ぶことが重要になる。

キャラクターデザインは漫画『アイシールド21』『ワンパンマン』などの作画で知られる村田雄介氏が担当。
ゲーム内ではストーリーや会話の展開時にコミック調の表現を取り入れており、デジタルコミックのスタイルでストーリーを楽しむことができる。

 

レビュー

【プレイ中】

テニス ワールドツアー2

「テニス ワールドツアー2」は2020年12月17日にオーイズミ・アミュージオより発売された、PlayStation 4用テニスゲームである。

f:id:mohie1104:20210804010051j:image

ゲーム概要

『テニス ワールドツアー』の2作目で、錦織圭選手を始め、ロジャー・フェデラー、ラファェル・ナダル、アシュリー・バーティ等合計38人の実名選手を収録。

自分の選手を作って世界トッププレイヤーを目指すキャリアモードや、最大4人で楽しめるダブル・モード、シンプルに試合ができるエキシビションモードなどが楽しめる。

 

レビュー

【プレイ進行中】

Among Us

「Among Us」は2020年12月16日にInnerslothより発売されたNintendo Switchパーティゲームである。

f:id:mohie1104:20210109231403j:image

ゲーム概要

2018年6月15日にiOSで配信されたアプリゲームの移植作品。

本作は宇宙をテーマとした、いわゆる「人狼ゲーム」であり、プレイヤーはクルー(英語版ではCrewmate, 「乗組員」の意)と少数のインポスター(Impostor, 「詐欺師」や「ペテン師」の意)の2つの役割に分けられる。クルーの目標は、インポスターの特定・排除、マップ上にあるタスクを完了することである。一方のインポスターは、クルーがすべてのタスクを完了する前に、密かに妨害し、殺すことである。複数回行われる投票により、インポスターと思われるプレイヤーはゲームから排除される場合がある。すべてのインポスターが排除されるか、マップ上にあるすべてのタスクが完了するとクルーが勝利する。一方で、クルーとインポスターの数が同じになったとき、または、インポスターによって引き起こされる重大な妨害が解決されなかったとき、インポスターが勝利する。

 

レビュー

f:id:mohie1104:20210331122151p:image

人狼ゲームのような遊びで人を騙す、嘘を見破るなどといった楽しみが出来る作品

チャット機能はやや不便に感じるところもあるが友達とボイスチャットで遊んだり、野良でもまぁ十分楽しめることが出来ると思います。

ミニゲームや仕掛けなども色々作られており色々な戦略で楽しめるのも良いかと思います

Fit Boxing 2 -リズム&エクササイズ-

「Fit Boxing 2 -リズム&エクササイズ-」は2020年12月3日にイマジニアより発売されたNintendo Switch用エクササイズゲームである。

f:id:mohie1104:20210327211714j:image

ゲーム概要

一般社団法人フィットボクシングジャパンのボクシングプログラム「フィットボクシング」をNintendo Switch向けにアレンジしている。

2本のJoy-Conを両手に握るプレイスタイルで、BGMのリズムに合わせて次々に指示されるジャブやストレート、フックなどの動作をこなしていく。

前作からコースや楽曲を全て一新し、新規インストラクター、エクササイズ中のスコアに応じて背景が変化する要素「Zone」、様々な目的達成を目指すアチーブメント要素などの機能が搭載されている。また、トレーニング内容が通常よりも高負荷で、各インストラクターの口調も厳しくなる「鬼モード」が、無料追加コンテンツとして順次配信された。

前作をプレイしている場合はプレイデータの引き継ぎが可能。

 

レビュー

【プレイ進行中】

Worms Rumble

「Worms Rumble」はTeam17 Digitalにより2020年12月01日に配信されたPlayStation 4用アクションゲームである。

f:id:mohie1104:20210301204615j:image

ゲーム概要

本作は,ミミズ達を操作して戦う「Worms」シリーズの作品で,クロスプラットフォームに対応し,最大32人のプレイヤーでマルチプレイを楽しめる。個人戦の「デスマッチ」,バトルロイヤルの「ラストワーム・スタンディング」,チーム戦の「ラストスクアッド・スタンディング」の3つのゲームモードをプレイでき,ワームをカスタマイズして自分好みのカラーやコスチュームで戦場に参加可能だ。

 

レビュー

f:id:mohie1104:20210305064238p:image

バトルロイヤルゲームであるが、2Dアクションであり、モードにもよるが死んでもリスポーンし何度でも戦いに参加できるという特徴がある作品です。

武器やアイテムを拾い、敵を倒し道具を奪いいっぱい敵を倒すことが目的となり、ステージには色々なギミックもあるので楽しめます。

コミカルなデザインや武器も特徴で、バズーカをバットで打ち返したりと面白い動きもできます。

しかし、マッチング性能は悪く対戦モードによっては全くマッチングしなかったり、キャラクターがミミズであまり可愛くないといった所がすごく気になりました。

スーパーマリオブラザーズ 35

スーパーマリオブラザーズ 35」は、2020年10月1日に任天堂より発売されたNintendo Switch用オンライン専用ゲームである。

f:id:mohie1104:20201109005212j:image

ゲーム概要

本作は35人で「スーパーマリオブラザーズ」をプレイするバトルロイヤルゲームである。操作や登場キャラクターなど、基本的なゲーム内容はオリジナル版に準じている。敵や障害物を避けたり、穴に落ちないようにしながらミス無くプレーを続け、最後まで生き残ることがゲームの目的となる。

制限時間は基本モードの「35人バトル」では35から始まる。本作はスコアの概念が無いことから、原作でスコアを得られる動作の多くがタイムの増加に置き換えられており、敵を倒す、アイテムを取る。ステージをクリアするなどによって時間を増やすことができ、最大400まで増やすことができる。ゲーム開始から約10分が経つと表示が赤くなり、時間減少のスピードが早くなってゆく。加えて一定時間無操作の場合も「!」マークが表示され、一時的に時間減少のスピードが早くなる(この場合はある程度操作すると、元に戻る)。タイムが0になると、そのプレイヤーは脱落となる。倒した敵は他のプレイヤーに送り込むことができる自身が倒した敵はバトル中の他のプレイヤーにリアルタイムで送り込める。送られた敵はグレーがかったオブジェクトになっており、スクロールをすすめると出現する。どんな敵が送り込まれてきているのかは、エリア内に元々配置されている敵とともにゲーム画面で確認することが可能。ターゲットは任意に指定はできないが「ピンチねらい」「コインねらい」「カウンター」「ランダム」のいずれかから指定の方法を選択することができる。

 

レビュー

f:id:mohie1104:20201109005519p:image

スーパーマリオブラザーズをサバイバル方式で遊ぶ対戦型ゲームであり、積極的にプレイしないとタイムオーバーになるというバランスよく作られた作品。

1-1にクッパが大量発生したりなどこのゲーム面白い展開も楽しめるが、サバイバルモードは残り1人が死ぬまで続くため1試合が長くなってしまうことも多いです。

どの相手に敵を送るか、もしくは生き延びて進む為に敵をスルーするか戦略的な所もポイントだと思います。

スーパーマリオ 3Dコレクション

スーパーマリオ 3Dコレクション」は、『スーパーマリオブラザーズ』の発売35周年を記念して、2020年9月18日にNintendo Switch用のアクションゲームとして任天堂が発売したゲームソフトである。

f:id:mohie1104:20200924132547j:image

ゲーム概要

スーパーマリオ64 』(NINTENDO64、1996年)、『スーパーマリオサンシャイン』(ニンテンドーゲームキューブ、2002年)、『スーパーマリオギャラクシー』(Wii、2007年)の3Dマリオシリーズ1つのソフトに収録した作品。

グラフィックはHD画質に対応したほか、Nintendo Switchで遊びやすいようにタイトルごとに少しずつリニューアルしたリメイクされている。

ゲーム開始前に言語が選択できるため外国語版で遊ぶこともできる。また、下記マリオシリーズ3作品のゲーム内楽曲を聴くことが出来る。

 

レビュー

【プレイ進行中】

WWE 2K バトルグラウンド

WWE 2K バトルグラウンド」はTake-Twoより2020年9月18日に発売されたPlayStation4用プロレスゲームである。

f:id:mohie1104:20210722124827j:image

ゲーム概要

新旧の“WWE”の選手たちが、ド派手な技で大乱闘をくり広げる格闘ゲーム。各地を旅して次世代のスターを捜すストーリーモードを収録。70名以上の選手が登場する。

オリジナルのコミック形式で語られる新たなストーリーモードで、ポール・ヘイマンストーン・コールド・スティーブ・オースチンと一緒にユニークなキャラクターとバトルグラウンドをアンロックし、次の WWE スーパースターを探そう

 

レビュー

f:id:mohie1104:20210727002306p:image

プロレスゲームで、WWE選手を操り、色々なギミックのあるリングでプロレスを楽しめるのが良いです。

キャラモデルがリアル路線なのに小型化されて、正直人を選ぶものとなっています。個人的な印象では実際の選手より見た目が酷いことになっているものもあるので注意が必要かも…

ゲームとしては、大技をかけたりカウンターをかけたりとプロレスらしい楽しみができるが、レベルが上がるにつれてQTEゲーになりがちな面もあるかと。

FAIRY TAIL

FAIRY TAIL」は2020年8月13日にコーエーテクモゲームスより発売されたPlayStation 4RPGである。

f:id:mohie1104:20210312174253j:image

ゲーム概要

真島ヒロ氏による漫画「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」は、アニメや劇場版などメディアミックスがされている人気作品。魔法やドラゴンが存在する世界を舞台に、荒くれ魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)ナツと星霊魔導士ルーシィが中心となり、仲間たちと共にさまざまな敵を打ち破りながら大活躍していく。

人気エピソードである「大魔闘演武編」のほか、さまざまな「FAIRY TAIL」のストーリーをゲーム内で体験できる。それだけでなく、ゲームオリジナルのエピソードや依頼も遊ぶことが可能。

プレイヤーキャラは総勢16名!
「妖精の尻尾」ギルド以外にも様々なキャラクターが登場。
さらに、ゲームだけのオリジナルエピソードも収録。

 

レビュー

f:id:mohie1104:20210727001628p:image

原作を元にしたストーリー展開と、各キャラの再現された技を自由に使い戦う事ができるシステム、街並みの再現などはファンにとっては嬉しい作品です。

RPGとしては、他のガスト作品と似た様なものになっており、新規IPとしては既視感を感じるものとなっています。また、技を発動するとスキップができず、長い演出でも何度も見なくてはいけない、また連携技をする場合それを連続して見なくては行けないとテンポがすごく悪いです。

原作ファンじゃないと正直遊ぶのは大変だと思いますが、ファンサービスはしっかり出来ているので原作ファンなら結構楽しめると思います!